診療科・部門のご案内

リハビリテーションセンター

施設概要

リハビリテーションセンター
2006年4月 「脳血管疾患等リハビリテーション施設基準Ⅰ」「運動器リハ ビリテーション施設基準Ⅰ」「呼吸器リハビリテーション施設 基準Ⅰ」を取得
2009年4月 「心大血管疾患等リハビリテーション施設基準Ⅰ」を取得
2010年9月 「がん患者リハビリテーション施設基準」を取得

専門的リハビリテーションを実施しております。今後も医療・福祉との連携を深め、地域に根ざした治療と予防に取り組めるよう包括的リハビリテーションを提供してまいります。

ページの先頭へ戻る

スタッフのご紹介

リハビリテーションセンターには医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚療法士・鍼灸マッサージ師・物理療法助手・医療クラークなどが所属しております。さらに以下のような資格を取得することで、より高度で専門的治療の提供ができるよう日々努力しております。

  • 呼吸療法認定士
  • 糖尿病療養指導士
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 健康運動実践指導者
  • ICLSインストラクター
  • 介護福祉士
  • フットケアトレーナー
  • 弾性ストッキングコンダクター
  • 福祉住環境コーディネーター
  • ノルディックウォーキングインストラクター
  • 栄養管理士
  • ケアマネージャー

ページの先頭へ戻る
理学療法

理学療法士は、大腿骨頚部骨折・脊椎圧迫骨折・脊髄損傷・多発骨折や変形性関節症などに対する人工関節置換術などにおいては、入院と同時に(術前より)、深部静脈血栓症予防・呼吸器リハビリ・筋力維持訓練や術後早期からの免荷・部分荷重移乗動作や歩行など可能な範囲で開始しております。
上肢・下肢の骨折などでは、手術翌日から離床・車椅子座位・立位訓練・歩行訓練などリスク管理のもと、適切な早期リハビリを実施させていただいております。
脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血・正常圧水頭症などにおいても同様、患者様の全身状態・リスク管理のもとクリニカルパスに準じ、超早期リハビリテーションをICU・各病棟・リハビリテーション室にて開始しております。
また脳卒中地域連携パスの構築により、急性期医療施設から維持・回復期医療施設へ向け、治療が途切れることなくスムースな連携を心がけております。

理学療法
ページの先頭へ戻る
理学療法

作業療法士は、急性期における機能回復訓練として脳血管疾患や上肢・手指・下肢骨折や筋・靭帯損傷などでも、理学療法と並行し廃用性予防の観点からも早期機能訓練(ベッドサイドリハビリ)を入院当日に(術前より)開始しております。
機能回復、残存する筋力・身体機能の維持、早期離床に向け、ベッド上での寝返り・起き上がり・座位保持、ポータブルトイレや車椅子への移乗動作訓練などを実践すると共に、病棟スタッフや家族さまにも状況説明させていただいております。
さらにADL訓練では更衣動作訓練、畳上での和式動作訓練、入浴動作訓練、電動昇降式キッチン・電磁調理器を使った調理動作訓練など患者さま・家族さまを交え、さまざまな背景を考慮した上で施行させていただいております。

作業療法

緊張型頭痛に対し、運動療法と物理療法を併用し後頭部・頚部の筋肉の過剰な筋緊張のコントロール(頑固な頭痛の緩和)、姿勢の矯正、肩こりの解消、それとストレスの緩和・生活改善指導なども行っております。

ページの先頭へ戻る
言語聴覚療法

言語聴覚療法士は、脳卒中などに伴う失語症・運動障害構音障害・嚥下障害などをもつ方々に対し、評価・訓練・援助を行ない、言語・嚥下能力が最大限に回復し、ADLの質の向上が図られるよう早期から障害についての正しい知識や訓練方法なども指導させていただいております。

言語聴覚療法
ページの先頭へ戻る
栄養サポートチームNST

嚥下障害の患者さまに対し、早期から評価・訓練を行い朝食・昼食・夕食時には直接的・間接的な摂食・嚥下評価により食形態の変更を見極め、より安全で適切な条件のもとで食事ができるよう栄養サポートチームNSTの一員として栄養管理面の関わりを深めております。
また夕食時間には、病棟患者さまへの摂食嚥下指導・食事介助として、言語聴覚士・理学療法士・作業療法士は、摂食機能訓練・病棟ADL向上の一助となるよう参加させていただいております。

栄養サポートチームNST
ページの先頭へ戻る
チーム肺炎

チーム肺炎では誤嚥性肺炎の治療・予防に対し、肺理学療法や摂食嚥下リハビリ等をチーム医療として実践し、慢性閉塞性肺疾患などに対しても、呼吸介助法や人工呼吸器装着下での呼吸器リハビリなどを行っています。
口腔ケアの重要性や指導方法などに関する講義や実習などを行い、院内のみならず老健施設、特養老人ホームなどでの口腔ケアの啓蒙活動を行っております。
呼吸療法認定士による呼吸器疾患全般への専門的アプローチなども行っております。

チーム肺炎
ページの先頭へ戻る
心臓リハビリテーション

心大血管疾患等リハビリテーションは2009年4月から開始し、入院・外来の患者さんに対しCPX(呼吸代謝測定)・筋力測定・体力測定(ストレングスエルゴ)・有酸素運動・レジスタンス運動・ストレッチ体操、さらには、屋外ウォーキングなど包括的リハビリを提供しています。
心臓リハビリテーション指導士も在籍し、心臓リハビリテーション学会公認の施設に登録されています。

ページの先頭へ戻る
健康教室

リハビリテーションセンターでは、健康教室を開催しております。専任講師による講演やトレーニングなど多彩な内容です。詳しくは各教室の詳細ページをご覧下さい。

ページの先頭へ戻る
高校野球メディカルサポートチーム

2008年より全国高校野球選手権大会 愛媛県地区予選大会において、愛媛県高校野球メディカルサポートチームに所属し、競技中はもとより、競技前・後での身体機能の管理やスポーツパフォーマンスの向上を図れるよう参画いたしております。

ページの先頭へ戻る