診療科・部門のご案内

脳神経内科


脳神経内科のご案内

脳神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診療します

●主な対象疾患
血管障害 脳梗塞、脳出血、脊髄卒中など
感染性疾患 脳炎・髄膜炎など
神経変性疾患 パーキンソン病・アルツハイマー病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側策硬化症など
免疫性神経疾患 多発性硬化症・ギラン・バレー症候群、重症筋無力症・多発筋炎など
機能性疾患 てんかん、片頭痛・失神など
外傷性疾患 脊椎損傷、硬膜外/下血腫など
中毒性疾患 CO中毒など
内科疾患に伴う神経徴候/症状など  
当院の特徴

神経疾患は全般的に診察しておりますが、特にパーキンソン病の診療には力を入れております。
当院では、脳神経外科と協力し、飲み薬のみで十分に症状が改善しないような場合には、深部脳刺激療法という外科的治療も行っています。

●次のような症状が対象になります
  • 手足の動きが悪い、力が入らない、筋肉が痩せてきた
  • 手足・口などが勝手に動く、ふるえる
  • ふらつく、歩きがたい、転倒しやすい
  • 手足がしびれて、感覚が鈍い
  • ものが二重に見える、まぶたが下がる
  • 物忘れ、計算ができない、字が読めない/書けない
  • 言葉が言いにくい、鼻声になる、飲み込みが難しくむせる
  • 意識がなくなる、ひきつけを起こす
  • 頭が痛い
●血管内治療

頭部画像検査
 MRI,MRA,CT,DaTスキャンなど
神経生理学的検査
 脳波、末梢神経伝導速度、針筋電図、誘発筋電図など
その他、髄液検査、神経・筋生検など

標榜診療科名を「脳神経内科」に変更することにつきまして

2017年9月16日開催の平成29年度第4回日本神経学会理事会にて、学会として標榜診療科名を「神経内科」から「脳神経内科」に変更することを決定しました。 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る
 部長 矢部 勇人 やべ はやと
矢部 勇人
担当診療科 / 所属部門 脳神経内科
専門医・認定等 医師免許取得年月:平成15年3月
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本頭痛学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医

※2018/03/12時点
メッセージ 神経内科疾患全般の診療を行っておりますが、特にパーキンソン病の治療は脳神経外科とも連携し、積極的に取り組んでおります。
 
 医師 宮上 紀之 みやうえ のりゆき
宮上 紀之
担当診療科 / 所属部門 脳神経内科
専門医・認定等 医師免許取得年月:平成26年3月

※2018/07/20時点
メッセージ パーキンソン病・脊髄小脳変性症を中心として診療を行っております。
 
 非常勤医師 野元 正弘 のもと まさひろ
 
 非常勤医師 大坪 治喜 おおつぼ はるき
ページの先頭へ戻る
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
脳神経内科
午前

初診

再診

矢部 矢部 矢部 宮上

予約 大坪 矢部
(1・3週)
物忘れ外来
午後   矢部
*この表は随時変更することがあります。
ページの先頭へ戻る