診療科・部門のご案内

外来化学療法室

施設の概要

当院では、2006年より外来化学療法室を開設しています。 がんの治療法は、大きく分けて3種類あります。「手術」「放射線治療」「抗がん剤による化学療法」です。 これまでのがんの化学療法は入院して治療を行うことが一般的でしたが、近年、新しい抗がん剤が登場し、副作用を抑える治療法(支持療法)が進歩したことで、外来で化学療法を行うことが増えてきました。

外来化学療法室
ページの先頭へ戻る

当部門の特徴

○ 患者さんのプライバシーに配慮(化学療法を受ける方専用の治療室)
○ チームで患者さんの治療内容を把握(医師、薬剤師、専任の看護師)
○ 使用する抗がん剤は、薬剤部で独立して調剤
○ 専任スタッフ(看護師)の配置で、患者さんの対応を充実
○ テレビ付リクライニングチェアー導入で、治療環境を改善

グラフ
ページの先頭へ戻る

スタッフの紹介

・当番医師1名
・専任看護師3名(がん化学療法看護認定看護師1名)
・専任薬剤師3名(がん薬物療法認定薬剤師)


ページの先頭へ戻る

利用の仕方

●利用方法

外来化学療法室は予約制です(1日5名まで)。
火曜日、木曜日の8:30~17:00
医師が治療計画に合わせて予約します


 抗がん剤の点滴中、ご家族が付き添うこともできます。
 がん薬物療法に関する専門知識をもつ医師、薬剤師、看護師が患者さんの体調をきめ細かく観察し、
 できるだけ副作用が少なくなるように患者さんを援助します
 1日5名までの患者さんを対象としていますので、丁寧な説明を行い、
 自宅で安心して療養生活が送られるように支援します


ページの先頭へ戻る