診療科・部門のご案内

新任医師の紹介

平成31年04月15日更新

医師紹介

●内科


宮本 裕也 医長
宮本 裕也
内科医師の宮本裕也と申します。平成29年8月までこちらの済生会松山病院で勤務しておりましたので、1年7ヶ月ぶりの復帰となりました。その間は愛媛大学医学部附属病院、久万高原町立病院などで勤務させていただき、様々なことを学ばさせていただきました。当院では経験できなかったことも経験し、また当院だからこそできていることも戻ってきて感じています。患者さんと一緒に歩んでいける医療ができるようにがんばりますので、よろしくお願いいたします。
金本 麻友美 医師
金本 麻友美
2019年4月より赴任いたしました、内科の金本麻友美と申します。香川大学を卒業し地元である愛媛に帰ってきて4年目となりました。糖尿病や甲状腺などの内分泌・代謝内科を中心に、内科全般幅広く診療に携わり多くの患者様のお役に立てればと考えております。お困りの点やご不明な点があればお気軽におっしゃってください。まだまだ未熟な点が多いですが、精進して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。
藤岡 耀祐 医師
藤岡 耀祐
平成31年4月より内科にて働かせていただきます、藤岡耀祐と申します。 愛媛大学医学部を卒業後、愛媛大学医学部附属病院より赴任して参りました。 至らぬ点も多々あるとは思いますが、日々精進して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

●外科


上野 義智 医長
上野 義智
平成31年4月より当院外科に赴任いたしました、上野と申します。 島根医科大学医学部を卒業後、地元の愛媛県に戻り、松山市民病院、市立宇和島病院、愛媛大学で外科の研修・診療をさせて頂きました。 外科医として地域の医療に少しでも貢献できるよう頑張りたいと思います。 よろしくお願いいたします。

●整形外科


河野 康平 医長
河野 康平
はじめまして、整形外科の河野康平です。 この4月から済生会松山病院で勤務させていただいております。 当院は救急指定病院になっており、転倒や交通事故などで怪我をされた患者さんが救急搬送されてきます。 近年、高齢化に伴い、救急の現場でも、高齢者の転倒に伴う骨折が増えてきている印象です。 高齢者が、大腿骨や背骨の骨折を起こすと、急激に活動度が低下し、介護度が上がったり、自立した生活ができないようになることが多いです。 骨折してから骨粗鬆症の治療を始めるのではなく、骨折する前に治療を開始し、骨折を予防することの大切さを感じております。 背骨が曲がって姿勢が悪くなってきた、骨密度が気になる、四肢の関節が痛む、手足がしびれるなのどの症状がありましたら、当科でご相談ください。 地域の皆様の外傷や慢性疾患による日常生活動作の低下を防ぐため、努力していきたいと思います。よろしくお願いいたします。
萬代 雄嗣 医師
萬代 雄嗣
外傷を中心に診察させていただいています。松山地域の医療に貢献できるように頑張ります。

●泌尿器科


新井 明那 医師
新井 明那
泌尿器科の新井明那です。市立大洲病院より赴任いたしました。簡単ではございますが自己紹介をさせていただきます。 広島県呉市出身、愛大卒、卒後4年目です。 県外出身者ですが、愛媛のあたたかい県民性に惹かれ、私を育ててくれた愛媛のために働こうと愛媛大学への入局を決めました。 休日の楽しみは旦那と道の駅に行って、散歩をしたり、地元のものを食べることです。 新任地で少し緊張しますが、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。
ページの先頭へ戻る