スタッフのご紹介

認定看護師(がん化学療法看護) 大塚 環
認定看護師(がん化学療法看護)大塚 環

 2014年に認定看護師を取得しました。私が、がん化学療法看護認定看護師を目指した理由は、姉ががんになり在宅で看取った経験がきっかけでした。その経験を活かして、一人ひとりの患者さんが『その人らしく』療養生活を送ることができるよう支援していきたいと思っています。 現在、がんは2人に1人がかかる病気と言われています。がん治療の一つに「化学療法(抗がん剤)」があります。がん化学療法を受ける患者さんとご家族を支え、副作用の対処だけでなく、気持ちの面でも安心して治療を受けていただけるように専門的知識と技術を活かした看護を行っています。また、病院のさまざまなスタッフとも連携し問題を解決できるように検討していくことも私の役割です。 治療を受けられる患者さんやご家族が、治療内容で分からないことや、副作用でお困りのこと、日常生活や治療費に関する不安等のご相談も承っています。 解決方法を患者さんやご家族と一緒に考えられるように努めていますので、どうぞ気軽に声をおかけください。

認定看護師(皮膚・排泄ケア) 西浦 雅美
認定看護師 西浦 雅美

 皮膚排泄ケア認定看護師は、褥瘡(床ずれ)が出来やすい患者さん、あるいはすでに褥瘡がある患者さんをはじめ皮膚にトラブルを持つ患者さん、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)や、ろう孔を持つ患者さん、排尿・排便(尿・便失禁・便秘)に悩んでいる患者さんを対象にケアを行っています。
 病院内では、褥瘡管理者として皮膚のトラブルを予防して皮膚を健康に保てるよう患者さんを中心として他の職種の方や患者さんのご家族と協力してケアを行ったり、相談をうけアドバイスを行ったりしています。ストーマを持ちながら生活する人の相談窓口になったり、排泄に問題を抱える人に対して、解決方法を一緒に考え、快適な生活が送れるように支援しています。

ページの先頭へ戻る
認定看護師(糖尿病看護) 徳野 みどり・兵頭 千恵

糖尿病患者さんにとっての療養指導は、治療そのものです。私達の仕事は、主治医から依頼を受けて糖尿病患者さんと毎日お話をしながら、糖尿病治療の糸口となるものがないかを探し、生活調整のアドバイスを行い治療に繋げています。
また、糖尿病患者さんの足を守るため、フットケアも行っています。糖尿病患者さんのセルフケアの確立をお手伝いし、質の高い療養指導を目指し、毎日頑張っています。
また、糖尿病看護認定看護師の仕事は院内の仕事にとどまらず、地域での生活習慣病予防活動の実践や、愛媛県の糖尿病看護のエキスパートを目指すコメディカルの育成などの仕事も行っています。

認定看護師(糖尿病看護)徳野 みどり
ページの先頭へ戻る
ICLSインストラクター 今村 文士
ICLSインストラクター 今村 文士

私が活動しているICLSは、患者の急変に対して最初の10分間に何をするべきかを考え臨床に生かすためのシュミレーション学習会です。
受講対象となるのは医師、看護師だけではなく医療職全てです。その中でBLSは医療職だけではなく病院内に勤める職員全体を対象にした活動です。その活動を遂行するために救急医学会認定のICLSコースを受講したメンバーで構成された"team ICLS"という組織が存在しています。チームは医師、看護師、理学療法士、薬剤師の複数の職種で構成されています。
活動当初は手探りの状態で何からしていけば良いのか分かりませんでしたが、他の病院で開催されるコースにインストラクターとして参加させていただき、見よう見まねで院内で研修会を開催し、現在では新人研修コースや職員対象のBLSコースを開催できるまでに成長しました。
そして、院内外での活動を続けることによって色々な方と知り合うことができ、平成24年7月22日にその仲間の協力で当初からの念願だった救急医学会認定の第一回済生会松山病院ICLSコースを開催することができました。ちなみに、その活動チームは愛媛県内の4病院で構成されていてZassouと名付けています。
Zassouの活動としては定期的にその4病院に赴き救急医学会認定ICLSコースを開催しています。今後の目標としてはteam ICLSのメンバーと共に院内のボトムアップですが、近い将来にはZassouとしての活動を積極的に行い愛媛県のICLSコースといえば・・・Zassouコースやね!!といわれるようにがんばっていければなぁと考えています。

ページの先頭へ戻る
感染制御実践看護師 浅井 幹雄
浅井 幹雄

2019年より感染制御実践看護師(PNIPC)として活動しております。 PNIPCは医師・薬剤師・検査技師の多職種によるICT(院内感染対策チーム:Infection Control Team)の一員として活動し、病院内のスタッフに対し専門的な知識と技術を用いて、感染予防に関する情報提供や教育を行い感染制御に努めています。
また、感染症発生時には速やかに対策を考え、必要な援助が実践できるように指導し、患者・家族だけでなく、病院にかかわる全てのスタッフを感染から防止する役割も担っています。日々、病院内をラウンドし、スタッフの感染防止への意識を高め、時には地域と連携しながら安全安心な医療を提供できるような支援や活動を行っていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る