看護部門

看護部のメッセージ

 当看護部は、明治44年に済生会を創設された明治天皇の「施薬救療」の精神のもと 看護職としての品格を持ち、社会情勢の変化や医療の進歩発展に対応した看護を提供しています。「この病院を選んでよかった」を看護ビジョンに掲げ、患者様・御家族は勿論、働く私たち自身がそのように思える様、病院職員全体が一丸となった病院づくりを目指しています。

 松山市輪番制二次救急を担う当院は、急性期看護を学ぶとともに、済生丸での健診活動、済生会グループの特別養護老人ホームや訪問看護ステーション等との連携による継続看護など幅広い経験が出来る環境となっております。

 また、新人看護師は1年間を研修期間とし看護の基礎を確立できます。教育体制は、日本看護協会のラダーに準じ、キャリアラダーを用いたステップアップを図ります。教育のツールとしてインターネット配信の学習も取り入れ、院内研修と平行し自宅でも学習できる環境を整えております。また、院外研修に関しても病院からの支援が充実しています。

 看護師が働きやすい職場づくりとしては、ワーク・ライフ・バランスに取り組み、超過勤務の削減、多様な働き方、ハッピー休暇、PNS導入などを行いました。職員一人一人を大切にする組織の中で、看護師個々の成長を支援し笑顔で働き続けられる職場づくりに日々努力を重ねています。

ページの先頭へ戻る