• TOP
  • 臨床工学部

当病院の活動

臨床工学部

ME部には現在、部長(医師1名)及び臨床工学士(10名)が所属し、医師・看護師・各種医療技術者と連携し生命維持管理装置(呼吸、循環、代謝)の操作を担当し、積極的に治療に参加しています。
また院内における医療機器が、安心して使用できるように保守・点検を行い、安全性確保と有効性維持に努めています。 臨床工学技士に興味が湧き、僕たちと一緒に仕事してみたいと思う方は公益社団法人日本臨床工学技士会ホームページをご覧ください。

業務内容
■ 呼吸部門 ■

 ・人工呼吸器療法

  安全に使用されるために、使用時のセッティングから操作、使用中点検や定期点検などの保守管理まで行っています。

 ・第一種高気圧酸素治療

  脳梗塞、頭部外傷、突発性難聴、腸閉塞、一酸化炭素中毒などたくさんの病気に対して治療を行っています。高気圧酸素治療を参照

 ・在宅呼吸療法

  慢性呼吸不全、慢性心不全の患者さんに対して、生活の質”Quality Of Life”を高めるお手伝いをします。

■ 代謝部門 ■

 血液透析、血液透析濾過(on-lineHDF、off-lineHDF)等の治療を行い、水質管理にも力をいれ、安全な透析治療が行えるよう努めています。(透析室を参照)また、透析室の他に集中治療室(ICU・HCU)での持続的血液濾過(CHDF)、血漿交換療法(PE)、二重膜濾過血漿交換療法(DFPP)、血漿吸着療法(PA)、直接血液吸着療法(DHP)等の特殊療法にも対応しています。

■ 循環部門 ■

 心臓カテーテル検査・治療の補助業務を行っています。また循環動態が不安定な場合は心臓機能を補助する循環補助装置である大動脈バルーンパンピング(IABP)、体外式ペースメーカ、画像診断機器などの血管内超音波装置(IVUS)、光干渉断層画像装置(OCT)、生体監視記録装置(ポリグラフ)などの操作を行っています。また最近では、医師の指示のもとペースメーカーの定期的なフォローアップにも携わっています。

■ ME機器部門 ■

 ME機器管理システム(CEIA)を導入し、医療機器の中央管理を実施しています。当院では、人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・除細動器・心電図モニターなどのME機器が安全に使用できるように日常点検、定期点検、修理などによる性能維持を行い安全かつ効率よく運用できるように管理しています。

●主任臨床工学技士 長野 準也  記載:2016/2/24
ページの先頭へ戻る