外来を受診される方へ

 「院外処方せん」への切り替えについてのご案内

平成29年2月1日よりお薬の受け取り方法が変わりました。

当院では、外来患者様のお薬は病院内の薬局窓口でお渡ししておりましたが、 平成29年2月1日より、病院外の保険薬局でお薬を受け取っていただくようになりました。

●平成29年2月からのお薬の受け取り方

院外処方流れ
ページの先頭へ戻る

「院外処方せん」とは?

院外処方せんとは、お薬を病院内の薬局でもらうのではなく、病院外の保険薬局で調剤してもらうための処方せんのことです。「院外処方せん」を病院外の保険薬局へ提出して、お薬を受け取ってください。※院外処方せんの有効期限は、交付日を含めて4日間です。

ページの先頭へ戻る

「院外処方せん」のメリットは?

① 病院内でのお薬の待ち時間が無くなります。

② お薬をもらう薬局を自由に選択できます。「かかりつけ薬局」を決めておくことで、複数の病院からもらったお薬や市販のお薬との重複、飲み合わせによる副作用などを未然に防止できます。また、今まで以上にお薬に関する詳しい説明を受けたり、相談が出来るようになります。

③ 患者さんの希望に応じて、ジェネリック薬品(後発品)か先発品の選択が可能となります。

ページの先頭へ戻る

「院外処方せん」による、患者様にとっての不便な点は?

病院と保険薬局の2カ所に行かなければならず、患者様にはご迷惑をおかけすることになります。※ご希望の保険薬局へ無料でFAX送信(事前に保険調剤薬局でお薬を準備してもらう為)が出来るFAXコーナーを設置します。ご理解とご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

「院外処方せん」のQ&A



ページの先頭へ戻る