• TOP
  • 臨床研修医
  • 臨床研修医の声

臨床研修医 臨床研修についての目標や特長をご紹介します。

処遇

伊藤 才季初期研修医1年目
井上 翔太

初期研修医の伊藤才季です。研修がスタートしてまだ1か月ほどで「先生」と呼ばれる事に戸惑いを感じておりますが、周囲の方々の助けのお陰でとても充実した研修生活を送っています。 済生会松山病院は研修医の育成に熱心に力を入れており、先輩医師を始めスタッフの方々に質問をし易い環境が整っています。この病院では、早い段階から初期研修医も重要な戦力としてカウントされているため、決して楽な臨床研修が出来る病院ではありません。しかし様々なことに果敢にチャレンジできる初期臨床研修の期間は短く貴重なものです。折角なら濃厚な研修医生活を送ることができる済生会松山病院を選んでみませんか?

今野 雅隆初期研修医1年目
井上 翔太

済生会松山病院で2年間研修させて頂きます、今野雅隆です。私はこの病院の研修医の中では珍しく、他県の大学出身なのですが、それを感じさせられることもなく良い雰囲気の中で学ばせて頂いています。まだ研修が始まって間もないですが、日々の業務や救急日を通して実践的で臨床に役立つ知識・技術を身につけるには最適な病院だと思います。また、屋根瓦方式を取っているため、迷うことがあっても自分と同じ経験をしてきた先輩方へ気軽に相談することが出来ます。研修医専用の医局やシミュレーターなど、設備の面でも充実しています。研修先を迷っている方は、病院の雰囲気や熱意を感じるために是非一度見学に来て下さい。一緒に働けることを楽しみにしています。

細川 裕子初期研修医1年目
井上 翔太

研修医1年目の細川裕子です。私が済生会松山病院で研修をしたいと思った理由は、見学に行った際、研修医の先生方が救急や病棟業務など様々な場面でどんどん前に出て仕事をしている姿に憧れたからです。現在、自分がその職場で1年目研修医となって働いてみると、外で見ていた以上に驚くほどたくさんの仕事を教わることができ、本当に充実した研修医生活を送っています。また、上の先生方からも、研修医を一人の立派な医師として育てようとしてくださる気持ちを感じて、自分ももっと頑張らないと、と鼓舞されます。是非、一度見学に来て、済生会松山病院の良さを肌で感じていただきたいです。

坂本 裕司初期研修医1年目
井上 翔太

初期研修1年目の坂本裕司と申します。医学部3年生のときに先輩から「(済生会松山病院は)研修内容が充実しているよ!」と聞いたことが志望のきっかけだったのですが、その充実具合は予想の遥か上でした。コメディカルの方々も職場の先輩として支えてくださるので、研修する上で最高の環境だと思います。また屋根瓦式の教育システムで熱心な指導をいただけることも魅力のひとつです。医学部6年生のみなさんは国家試験や卒業試験の勉強に追われて大変だとは思いますが、この正念場を乗り越えて、私たちと済生会松山病院で充実した研修医ライフを送りましょう!楽しみに待っています。

林 龍也初期研修医1年目(愛大協力型)
井上 翔太

こんにちは。研修医1年目の林龍也です。愛媛大学との協力型として1年間お世話になっています。済生会松山病院を選んだ理由の一つに、外科救急や外傷の症例をしっかり見ることができる点がありました。ここでは1年目のローテーションが決められており、他の病院では少ない脳神経外科や整形外科も入っています。8日に1回の救急当番日に加え、脳梗塞や骨折など救急外傷で重要な疾患を専門医の先生の下勉強できるのはとても魅力的です。とはいえ、こればかりは実際に自分で見てみないとわからないと思います。いち研修医である僕が語ることができる済生会松山病院の良さはまだまだ浅いので、研修先で悩まれている方は是非一度病院に見学に来てみてください。

藤岡 耀祐初期研修医1年目(愛大協力型)
井上 翔太

研修医1年目の藤岡耀祐です。研修医としての生活はまだ1ヶ月もたっていませんがとても充実した研修をさせていただいております。済生会松山病院の臨床研修で特徴的なのは研修医が救急対応のファーストタッチをさせて頂けることだと思います。自身で考え、行動に移すことは、自分に何の知識、技術が足りないか1番よく分かる方法だと思います。もちろん至らないことは多々ありますが、先輩の医師やコメディカルスタッフの真摯な指導があるのでその分成長も早いと思います。一緒に済生会松山病院で働けることを楽しみにしていますので、是非一度見学にいらしてください。

井上 翔太初期研修医2年目
井上 翔太

研修医2年目の井上翔太です。済生会松山病院での研修をスタートしてから早1年が経過しました。研修医が少数であったこともあり、救急日では数多くの症例にファーストタッチすることができ、プライマリケアについて十分専念することができたのではないかと満足しています。時には行き詰ってしまうこともありましたが、先生方やスタッフの方々と気軽に相談できる病院全体の雰囲気が、ここまで自分を支えてくれたのだと感謝しています。済生会松山病院の良さはパンフレットだけでは説明できません。ぜひともその良さを感じに、見学にいらしてください。

楠目 浩祐初期研修医2年目
楠目 浩祐

研修医2年目の楠目浩祐です。研修医になってはやくも一年が経ちました。昨年度はとても充実した臨床研修を行うことができました。今年度は初期研修医1年目の先生方に6名も来ていただき、研修医医局の雰囲気も活気にあふれています。昨年度は臨床研修1年目として多くのことを2年目の先生方から教えていただきました。今年度は新しく来てくれた先生方に今まで教わってきた事を伝えていければいいと思っています。今年度もよろしくお願いします。

新居田 一貴初期研修医2年目
新居田 一貴

研修医2年目の新居田一貴です。働き始めて1年が過ぎました。ここ済生会松山病院での研修は、毎日が驚きと発見の連続であり、すべてのことが新鮮で日々成長を実感しながら働くことができています。スタッフの皆様の温かさを感じながら研修ができるのも、この病院の良いところと感じます。また、救急の現場では研修医は第一線で活躍することができ、学生時代に勉強したことをすぐに実践で活かすことができます。是非一度見学にお越しください。一緒に働けることを楽しみにしています。

堀田 裕輔初期研修医2年目
堀田 裕輔

研修医2年目の堀田裕輔と申します。当院で働き始めて1年が経ちました。この1年間を振り返ってみると、最初は右も左もわからない状態で不安感がとても大きかったのですが、職員の方々の熱心な指導のおかげで、確かな成長を実感しております。研修期間もちょうど折り返しとなりました。良い状態で専門分野に進むべく、より一層の研鑽を積んでいこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

ページの先頭へ戻る