臨床研修 臨床研修についての目標や特長をご紹介します。

病院概要

 ★お知らせ

「済生会松山病院 新人医師応援奨学金制度」
 平成29年度奨学生 5月15日から募集開始

済生会松山病院では、ともに医療に従事する優秀な医師を確保するため、奨学金制度を開設しております。将来、医師として当院に従事する意思があり、真摯に医療に取り組みたい医学生を募集します。詳細はポスターをご覧ください。なお、貸与開始時期については、可能な限り柔軟に対応いたしますのでご相談ください。 お申し込み、お問い合わせは臨床研修センター事務局まで。


【 お問い合わせ先 】
 臨床研修センター事務局 担当 北川・長谷川
 rinsyokensyu@matsuyama.saiseikai.or.jp
 TEL:089-951-6111(内線7720・7218)

詳細

 ★初期臨床研修医の活動報告です。

2017/04/11、12、13、14

シミュレーター研修

 4月1日より研修を始めたばかりの1年目研修医6名が心肺蘇生、気管挿管、中心静脈カテーテル挿入、腰椎穿刺などのシミュレーターを使ったトレーニングを行いました。麻酔科、内科、神経内科の指導医から直接レクチャーを受けました。手技だけではなく器具の準備なども教わることができました。シミュレーターは研修医医局や臨床研修センターに設置しており、いつでも使用可能です。

20170411-14_01
20170411-14_02
20170411-14_03
20170411-14_04

2017/04/01~04/15

研修医オリエンテーション 

 これから2週間かけて院内・院外で様々なオリエンテーションを受けます。初めの1週間は主に院内各部署を回ってそれぞれの担当者から業務内容の説明や注意事項など、これからの研修に必要な基礎的な内容を学びます。今年は新たに「輸液」と「感染症」について内科医師の講義を追加しました。これは昨年の研修医からの要望をとりいれた新しい試みです。 2週目からは各診療科で研修中の2年目研修医に付いて動きます。実際にローテーションが始まってから慌てないために、電子カルテの入力方法や日常業務など直接マンツーマンで教わります。

20170401-15_01
20170401-15_02
20170401-15_03
20170401-15_04
20170401-15_05

2017/04/01

平成29年度 初期臨床研修スタート

 4月1日から1年目研修医 基幹型4名、愛大協力型2名の計6名で初期臨床研修がスタートしました。毎年恒例、満開の桜の木の下で記念撮影。 当院では研修医全員にiPadが無償で支給されます。4月から研修を開始した研修医にも手渡されました。院内はwifi環境完備で文献検索や手技動画検索サイトなどいつでも利用できます

20170401_01
20170401_02

2017/03/14

臨床研修修了証授与式

 3月14日、病院送別会の冒頭に2年間の臨床研修を修了した4名の研修医へ修了証の授与が行われました。宮岡院長より一人ひとりに修了証と記念品が手渡されました。「4人そろって修了できたことに加え、4人全員が研修修了後も引き続き当院に残ってくれることは大変喜ばしい。」という宮岡院長の言葉が印象的でした。4名の先生方、修了おめでとうございます!!

20170314_01
20170314_02

2017/01/21

『山中克郎先生に学ぶin済生会松山病院2017』 開催

 総合診療で有名な山中克郎先生(諏訪中央病院 総合内科 前 藤田保健衛生大学教授)をお招きして、教育カンファレンス、教育講演をしていただきました。今回で5回目の開催となりましたが、院内外より60名を超える参加がありました。

 まず、教育回診(対象:院内研修医を含む医師)では、実際に病棟の患者さんを診察し、鑑別診断をしていただきました。

 その後、「診断推論 今日もホームランかっとばそうぜ」と題し教育講演(対象:県内済生会病院の職員(全職種)、県内初期研修医、医学生)をしていただきました。前半は診断の80%を占めると言われている「問診」について。如何にして患者の心をつかみ、重要な情報を聞き出すか。後半は研修医を患者に見立て、視診、聴診、触診、打診と様々な腹部の診察方法をレクチャーしていただきました。山中先生の柔和な笑顔とユーモアを交えた巧みな話術に会場は皆、引き込まれました。

 来年もまた同じ時期に山中先生をお呼びする予定です。皆さん楽しみにしていてください!!

20160825_01
20160825_02
20160825_03
20160825_04

2016/08/25

検査室研修

 1年目研修医が臨床検査技師の指導のもと、心電図、グラム染色、同定検査、採血、血中薬物濃度測定、血液型検査、エコーなどの研修を行いました。4月の入職時ではなく、ある程度診療に携わったこの時期に研修を受けることで、自分自身知りたいという意欲を持って研修ができました。

20160825_01
20160825_02
20160825_03
20160825_04

2016/08/06

第13回愛媛済生会病院研修医育成セミナー

 当セミナーは年2回愛媛県内の済生会病院が合同で開催しています。今回も松山病院が担当し松山市内で開催しました。医学生、研修医、指導医、看護師、メディカルスタッフ、事務職他 67名が参加。はじめに今治病院と松山病院で1例ずつ症例を発表します。当院からは1年目研修医 井上翔太先生が「ふらつきの1例」と題して症例呈示を行い、座長の内科 多田藤政先生が発表を適宜止め、症状から考えられる疾患や必要な検査などをフロアに質問しながら診断へと導きました。

 次に特別講師として「内科レジデントの鉄則」「デキレジ」など多くの著書を執筆されている聖路加国際病院 血液内科部長 岡田 定先生をお招きして『見逃してはいけない血算』と題して講演をしていただきました。今回、医師はもとより検査室のメディカルスタッフの参加者が多く、皆メモを取りながら熱心に聞き入っていました。

 セミナー後には講師の岡田定先生を囲んで懇親会もあり、先生と直接お話しできる絶好のチャンスでした。

 次回セミナーは3月18日(土)に済生会今治病院主催で開催する予定です。どうぞお楽しみに!

20160806_01
20160806_02
20160806_03

2016/07/05~07

宇和海合同診療

 愛媛県内の済生会病院が合同で行っている宇和海合同検診に研修医も参加しました。3日間かけて宇和海の日振島、竹ヶ島、戸島、嘉島の4つの島を診療船「済生丸」で巡ります。船内や集会所などで島民の方々の検診を行いました。他の済生会病院の研修医と交流を深めるとともに、診療船での検診活動に参加することは、他にはない貴重な体験です。

20160705_01
20160705_02
20160705_03
20160705_04

2016/04/08、11、12

シミュレーター研修

 4月1日より研修を始めたばかりの1年目研修医5名が心肺蘇生、気管挿管、中心静脈カテーテル挿入などのシミュレーターを使ったトレーニングを行いました。今年は内科指導医、麻酔科指導医から直接レクチャーを受けました。

 シミュレーターは研修医医局や臨床研修センターに設置しており、いつでも使用可能です。

20160408_01
20160408_02
20160408_03

2016/04/01~04/16

研修医オリエンテーション

 これから2週間かけて院内・院外で様々なオリエンテーションを受けます。初めの1週間は主に院内各部署を回ってそれぞれの担当者から業務内容の説明や注意事項など、これからの研修に必要な基礎的な内容を学びます。

 2週目からは各診療科で研修中の2年目研修医に付いて動きます。実際にローテーションが始まってから慌てないために、電子カルテの入力方法や日常業務など直接マンツーマンで教わります。

20160401_16_01
20160401_16_02
20160401_16_03

2016/04/01

平成28年度 初期臨床研修スタート

 4月1日から1年目研修医5名で平成28年度初期臨床研修がスタートしました。毎年恒例、桜の木の下で記念撮影。 当院では研修医全員にiPadが無償で支給されます。

 4月から研修を開始した研修医にも手渡されました。院内はwifi環境が完備で文献検索や手技動画検索サイトなどいつでも利用できます。

20160401_01
20160401_02

2016/3/19

第12回愛媛済生会病院研修医育成セミナー 開催

 当セミナーは年2回愛媛県内の済生会病院が合同で開催しています。今回は松山病院が担当しホテルJALシティ松山で開催しました。

 研修医、医師、医学生、看護師、コメディカル他 約60名が参加。はじめに今治病院と松山病院で1例ずつ症例検討を行いました。当院からは1年目研修医 伊藤千尋先生と後期研修医 白石佳奈先生(書記兼務)が「呂律不良の1例」と題して症例呈示を行いました。座長の内科主任部長 村上英広先生が発表を適宜止め、症状から考えられる疾患や必要な検査などをフロアに質問しながら診断へと導きました。

 症例検討の後は、特別講師に「ドクターG」などメディアにも多数出演されているERで超有名な福井大学医学部附属病院 総合診療部教授 林寛之先生をお招きして『Unsuspected killer in ER ~疑う者は救われる~』と題して講演をしていただきました。楽しいスライドを交えながらのあっという間の1時間45分。救急での見逃しやすい疾患、患者対応の極意など、明日からすぐに役立つ情報ばかりでした。医師はもとより看護師、コメディカルにも興味深い内容だったと参加者からは大変好評でした。

 セミナー後には講師の林寛之先生を囲んで懇親会もあり、先生の前には写真撮影の順番待ちの行列ができるほど。林先生と直接お話しできる絶好のチャンスでした。

 次回セミナーは8月6日(土)松山で開催します。特別講師には聖路加国際病院 血液内科部長 岡田定先生にお越しいただく予定です。どうぞお楽しみに!

20160319_01
20160319_02
20160319_03

2016/2/27、28

平成27年度済生会初期研修医のための合同セミナー
「第68回済生会学会・平成27年度済生会総会」へ参加

 1年目研修医5名が大阪で開催された『平成27年度済生会初期研修医のための合同セミナー』に参加しました。当セミナーは毎年「済生会学会・総会」に合わせて開催されます。

 全国の済生会病院で研修を受けている初期研修医が一同に会し交流を深めると共に、済生会の規模を実感する良い機会でもあります。レジデント企画「当院研修を見て下さい」では、当院研修医が作成したスライドが見事3位入賞を収めました。昨年に引き続き2年連続の受賞です!!

 『第68回済生会学会』では研修医全員が演題登録し、数か月かけて準備してきたポスター発表や口演発表を行い、それぞれ貴重な経験となりました。

20160227_01
20160227_02
20160227_03

2016/01/23

「山中克郎先生に学ぶin済生会松山病院2016」 開催

 総合診療で有名な山中克郎先生(諏訪中央病院 内科総合診療部 前藤田保健衛生大学教授)をお招きして、教育回診、教育講演をしていただきました。今回で4回目の開催となりましたが、教育講演には悪天候にもかかわらず、院内・外より50名を超える参加がありました。

 まず、教育回診(対象:院内研修医、医師)では、実際に病棟の患者さんを診察し、症例検討をしていただきました。

 その後、「神経診察」をテーマに教育講演(対象:院内・外の研修医、医師、コメディカル、医学生)をしていただきました。問診中の会話から異常を探り、頸部、眼窩の血管雑音の聴取、打鍵器・音叉の使い方も含めた反射・感覚障害のチェックなど診察の実演があり、また、疾患ごとに異なる特徴的な歩行を山中先生の指導のもと参加者全員で行うなど、参加型の講演会となりました。

 来年もまた同じ時期に山中先生をお呼びする予定です。皆さん楽しみにしていてください!!

20150813_01
20150813_02
20150813_03
20150813_04

2015/10/03

第3回済生会松山病院研修医OB会 開催

 当院で初期臨床研修を修了した先生、協力型研修医として当院で研修された先生方をお呼びし、当院現役研修医、指導医も加わり、研修医OB会を開催しました。OB会会員は現役含め64名となり、OB会は今回で3回目の開催となります。

 特別講演の講師としてフリーアナウンサー 木藤たかお氏 をお迎えし、「あなたのコミュニケーション能力をあげるコツ」と題して講演をしていただきました。相手に伝えることの難しさ、伝える側の心構え、心に響く話とは、学会発表等の場での話し方のコツ、などなど沢山のことを伝授していただきました。

 講演後には、様々な病院で活躍されているOBの先生方の近況報告を聞きながら、なつかしい顔に話がはずみました。当院臨床研修の益々の発展を祈念し万歳三唱で盛会のうちにお開きとなりました。

20150813_01
20150813_02
20150813_03

2015/08/13

検査室研修

 1年次研修医が臨床検査技師の指導のもと、グラム染色、同定の検査、心電図、採血、血液検査、エコーなどの研修を行いました。

 研修医からは「4月の入職時ではなく、ある程度診療に携わってからの今の時期に研修を受けることで、自分自身知りたいという意欲を持って臨め、説得力のある研修だった。」と、好評でした。

 検査技師の方々からは、「いつでも検査室に来ていいから、実際に担当患者さんの検体で検査して、その後の病態を追ってみて!」「もっとやりたければ、いつでもエコー室へ来て!!」など、あたたかい声掛けをしていただきました。本当にありがとうございました。

20150813_01
20150813_02
20150813_03
20150813_04

2015/08/01

第11回愛媛済生会病院研修医育成セミナー 開催

 済生会今治病院と済生会松山病院で1例ずつ症例検討を行いました。当院からは1年次研修医の山田瑞穂先生が「嘔吐の1例」と題して症例提示を行いました。座長が発表を適宜止め、症状から考えられる疾患や必要な検査などをフロアに質問しながら診断へと導きました。

 また、聖マリアンナ医科大学 北野夕佳先生をお招きし「米国内科レジデンシーから直輸入!一生成長できる習慣「ベッドサイド5分間ティーチング」実践」と題して講演をしていただきました。

 当セミナーは年2回愛媛県内の済生会病院が合同で開催しています。次回は平成28年3月19日(土)松山で開催します。特別講演には「ドクターG」などメディアにも多数出演されている総合診療で超有名な福井大学医学部附属病院 林 寛之先生 を講師にお迎えする予定です。ぜひお楽しみに!!

20150707_01
20150707_02
20150707_03

2015/07/07~07/09

「宇和海合同検診」 に参加

 愛媛県内の済生会病院が合同で行っている宇和海合同検診に研修医も参加しました。3日間かけて宇和海の日振島、竹ヶ島、戸島、嘉島の4つの島を診療船「済生丸」で巡ります。船内や集会所などで島民の方々の検診を行いました。診療船での検診活動は他にはない貴重な体験です。

20150707_01
20150707_02
20150707_03

2015/06/09

「平成27年度 第1回臨床研修管理委員会」 開催

 委員26名を含む総勢36名にご出席いただき、研修プログラム責任者から今年度4月から現在までの研修状況や、今後の予定などを報告。各協力病院・協力施設の委員や外部委員の方々から、当院の臨床研修についてたくさんのご意見をいただきました。

 また、研修医代表として1年次、2年次より1名ずつ出席し、今までの研修の感想やこれからの抱負などを 述べました。今年度はあと2回、11月と3月に開催する予定です。当院の臨床研修システムがよりよいものとなるよう、日々改善を続けていきたいと思います。

20150609

2015/05/30

「第7回研修医OSCE大会」に参加

 日本医学教育学会主催の「第7回研修医OSCE大会」が愛知県の藤田保健衛生大学で2日に渡り開催されました。この大会は全国の2年次研修医を対象に、地域や組織の枠を超え、臨床能力の評価およびフィードバックを与えることを目的に開催されています。 当院からは鎌田真弓研修医が参加。「自分は普段通りのことをしただけだったが、評価者からはお褒めの言葉をいただいて、日頃の研修が確実に力になっていることを実感しました。」との感想でした。

20150530

2015/04/08

研修医オリエンテーション

 1年次研修医たち、「研修開始!」と言ってもいきなり診療科へ…ではなく、2週間かけて院内・院外で様々なオリエンテーションを受けます。初めの1週間は主に院内各部署それぞれの担当者から業務内容の説明や注意事項など、これからの研修に必要な基礎的な内容を学びます。2週目からは各診療科で研修中の2年次研修医に付いて動きます。電子カルテの入力方法や日常業務など実際にローテーションが始まってから慌てないためにも、よく教わっておきます。1年上の先輩ですから何でも気軽に聞けるのも良いところです。

20150408

2015/04/07

シミュレーター実習

 4月1日より研修を始めたばかりの1年目研修医5名が心肺蘇生、気管挿管、中心静脈カテーテル挿入などのシミュレーターを使ったトレーニングを行いました。心肺蘇生では見事蘇生に成功し、ホッとする場面も。特に救急の現場では、すぐに必要となる手技ですので、皆真剣に取り組んでいました。

20150407

2015/04/05

新研修医にiPad支給

 当院では研修医全員にiPadが無償で支給されます。この4月から研修を開始した研修医にも本日手渡されました。院内はwifi環境が完備しており、文献検索や手技動画検索サイトなどいつでも利用できます。

20150405

2015/04/01

平成27年度 初期臨床研修 スタート

 4月1日から1年次研修医5名で平成27年度初期臨床研修がスタートしました。毎年恒例、桜の木の下で記念撮影です。雨続きで花の状態が心配されましたが、何とか持ちこたえてくれました。研修プログラム責任者の村上医師自らが、5人の研修医の成長を願ってパシャリ!

20150401
ページの先頭へ戻る